2016年07月26日

伝えられることを伝えられるときに

隔月刊誌「セラピスト」
AHTAを代表して読者感謝セミナーに参加してまいりました

登壇された先生方はもちろん
聴衆として参加されている皆様もセラピスト
何かしら腕に覚えのある方ばかりです
明日の自分に活かすヒントをお土産にしようと
前のめりに話を聞く皆さんの姿が印象的
私も充実した一日を過ごさせていただきました

セラピストとして活動し始めても
5年後に続けていられる人は約5%というこの業界
特に全身トリートメントは
施術者の心身への影響も大きく
健康面から5年間維持できないという点
また社会から支持され続ける魅力を
発信し続けることに限界があるという点
皆さんが共通に抱える課題への一つの答えが
「アロマハンドトリートメント」なのではないか

長く続けられること
小さなエネルギーで大きな結果をもたらすこと
オリジナリティの中に誰もが感じられる普遍性があること
もっとたくさんの人にこのセラピーを知っていただきたいです

後半駆け付けた代表を隣に
普段サボり続けている私が
ブログやSNSの有用性のお話を伺うのは針のムシロでしたが 笑
私の考えや行動を見える形にしていくことは
責任というよりむしろそれこそが「仕事」なのだなと実感しています

ネットや紙や肉声や・・・
生の言葉をたくさん発信していこうと思います
少しだけ皆さんより先に見たもの
先に聞いたこと
先に感じたこと
AHTAの発する「ことば」にぜひ注目してください

伝えられることを伝えられるときに









posted by さえきっつぁん at 16:10| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

伝えていく仕事

すっかりさぼってご無沙汰してしまいましたm(__)m
もちろん遊んでばかりいたわけではなく^_^;
この間いろいろやっておりました(笑)

AHTA会員の皆さまはお知らせが届いていると思いますが
3月より協会事務局はその機能の一部を横浜に移しました
大きな混乱なく2か月が経過いたしましたのは
皆様のご理解ご協力の賜物と考えております
FAX送信と一部の配送業務は今後順次移行の予定です
ご不便をおかけいたしますがご容赦のほどお願いいたします
横浜スタッフも精一杯努力いたします o(^o^)o

4月より名古屋本校らぼぞうにて
久しぶりに受講生やってます(#^.^#)
理事長のレッスンは大変刺激的で
学び続けることの大切さも喜びもかみしめています

講師を始めて丸7年
あっという間でした
講師というのはどんな仕事なのか
あまり考えずに走り続けてきてしまったように感じます

最近思うのです
政治家でも宗教家でも営業マンでもそう
言葉を使って何かを伝えることを仕事にする人は
みな同じ・・・
「何を伝えたか」ではなく
「何が伝わったか」なんだと
それが伝えるプロってもんです

そこを意識してレッスンをデザインする
或いは
協会の内外に向けての発信をプランする
そのために必要なのは
発する言葉の数の多さではなく
受ける側の気持ち・状態・事情
そういったものを拾うスキルなんだと

相手が個人であっても組織であっても
大した違いではありません
好きな人に振り向いてもらいたければ
ただ我武者羅に気持ちをぶつけるだけではだめです
時にはその人の幸せを願って堪えることも
或いは我が身を振り返って磨き上げることも

相手が何を欲し
それに対して何ができるかを考えること
もう一歩深く相手を理解することが必要になります
自分の持っている愛情を
或いは知識や技能を、頑張っているという情熱を
わかってもらおうと押し付けることではないのですね

ハンドトリートメントも
相手が何を欲し自分ができることは何か
その情報を拾える人ほど
施術者として優秀なのではないか

人を振り向かせる魅力にあふれた人は
ハンドトリートメントも上手なんです
皆さん聞き上手になりましょう
もちろん直接聞くことが許されないことは
たくさんあります
でも言葉以外からも情報は無限にあります
日本人に備わった
「察する」という能力を働かせるには
五感をフル活動して備えます
びっくりするほど今までわからなかったことがわかりますよ



posted by さえきっつぁん at 20:13| 神奈川 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

今年は一日だけお得な二月♪

激動の二月を終えようとしています。

毎年、一年で一番忙しいのです。
この時期に体調を崩すとえらいことになるので
(一昨年がそうでした(涙))
いつもに増して健康管理に植物の力を借りています。

途中ちょっと喉の調子が悪くなり
仕事柄、黙っていることができないので(いや性格か?)
炎症がひどくなる前にケアです。

ハーブティーならブルーマロウ。
青い水色が儚くも美しいフラワーが一般的ですが
実は私、希少価値のあるリーフが大好き。
こちらのペリドット色のクリアなグリーンの水色は
なかなか他のハーブでは出ない色です。
個性的ではあるが癖のない味で
何より、私の母の頑固な喉の問題を
知らず知らずのうちに治してくれた効能がすごい。
残念ながらこの四月で終売に決まりましたが、
恐らくはフラワー生産農家が一般的な中、
品質の良いリーフの安定供給が難しいという状況。
またいつか最高品質のブルーマロウリーフを
皆様にお届けできる日を願ってやみません。

二月いっぱいの三周年記念セールもいよいよ明日まで。
おかげさまで、今月はたくさんのハーブティーが
皆様のお手元にお嫁に行きました。
ブルーマロウリーフのmelaleuca labo.の在庫も
残り少なくなりました。
この機会に最後のリーフ、どうぞお手元に。



順序が後先になり恐縮ですが
開店三周年にあたり
ご祝電、お花、差し入れ、また温かい激励のお言葉
たくさん頂戴しまして、ありがとうございました。
また次の一年への糧に、充分すぎるエネルギーをいただきました。

まだまだ至らぬ点多々あり、
また自身の勉強不足を痛感する毎日ですが
主婦業母親業との両立の中で起こる様々なできごとに
自分の想像を超えるスピードで物事が進行していきます。
いろいろ経験できることを幸せに感じ、
言い訳にせず、時には諦める勇気も忘れず、
これからも皆様に支えていただきながら
人の集まる場所を維持し続けていきたいと考えております。
今後ともご支援のほどよろしくお願いいたします。



また、時を同じくしまして
2月14日日曜日午後
名古屋駅至近の会場に於いて
第六回(社)アロマハンドトリートメント協会総会が行われました。
例年、遠方を理由に他の役員におんぶにだっこでしたが、
今年は、遠方でも関われることに対し、
運営に関わらせていただきました。

協会発足から7年目
法人になる前から数えれば8年
活動の内容も求められる役割も変化してきております。

関わる人が増えるに従い希薄になりがちな関係性を
より大きな力へのプラスのエネルギーに変えていくこと。
これからの総会はより会員参加型にシフトさせたい。
そんな思いで当日を迎えました。

皆様のお声が協会の未来を変えていきます。
些細なことでも構いません。
また、一般の方の疑問にもお答えしていきたいと思います。
協会宛ぜひご意見をお寄せください。

www.ahta.or.jp

お待ちしております。





posted by さえきっつぁん at 15:55| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。