2016年07月30日

腕は腰から生えている

今日は
先日のセラピストセミナーで登壇された
解剖学の野見山先生について少し。

「腕は腰から生えている」
この言葉、なかなか刺激的です。

動物の進化の過程で
腕がもともと何から派生したのかという点。
そして
実際に腕を動かしたときに
どこの筋肉までつられて動くかという点。
そのあたりのお話を
実際に体を動かしながら伺うと
「長い腕は骨盤底から生えている」
ということが理解できます。

すべての施術に言えることですが
「長い手」を使うには
脇を締め、上腕を外側に回し気味に
体幹ごと動かすことが必要です。

それは
クライアントには楽で快適に。
施術者には美しく的確な手技をもたらし、
何より身体への負担と消耗を防ぎます。

詳しく聞きたかったら
ぜひ私に聞いてね♪





posted by さえきっつぁん at 17:05| 神奈川 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

伝えられることを伝えられるときに

隔月刊誌「セラピスト」
AHTAを代表して読者感謝セミナーに参加してまいりました

登壇された先生方はもちろん
聴衆として参加されている皆様もセラピスト
何かしら腕に覚えのある方ばかりです
明日の自分に活かすヒントをお土産にしようと
前のめりに話を聞く皆さんの姿が印象的
私も充実した一日を過ごさせていただきました

セラピストとして活動し始めても
5年後に続けていられる人は約5%というこの業界
特に全身トリートメントは
施術者の心身への影響も大きく
健康面から5年間維持できないという点
また社会から支持され続ける魅力を
発信し続けることに限界があるという点
皆さんが共通に抱える課題への一つの答えが
「アロマハンドトリートメント」なのではないか

長く続けられること
小さなエネルギーで大きな結果をもたらすこと
オリジナリティの中に誰もが感じられる普遍性があること
もっとたくさんの人にこのセラピーを知っていただきたいです

後半駆け付けた代表を隣に
普段サボり続けている私が
ブログやSNSの有用性のお話を伺うのは針のムシロでしたが 笑
私の考えや行動を見える形にしていくことは
責任というよりむしろそれこそが「仕事」なのだなと実感しています

ネットや紙や肉声や・・・
生の言葉をたくさん発信していこうと思います
少しだけ皆さんより先に見たもの
先に聞いたこと
先に感じたこと
AHTAの発する「ことば」にぜひ注目してください

伝えられることを伝えられるときに







posted by さえきっつぁん at 16:10| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。